<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

出来の悪いキットの時は、箸休めも。

現在、製作中なのが、1/32のウエストランド、ライサンダーです。

Revel製を買ったのですが、中身は「マッチボックス社」の古典キットのようです。
簡易インジェクションに手を焼くのは気にならないのですが、通常のモデルで苦労すると何故か腹が立ってきます。022.gif

見た目きつそうな女の人と付き合って実際きつくても、もしくはやさしい面があると「おおお~!」と感動するのですが、005.gif

フレンドリーな感じで実は結構性格が悪いと「なんだそれ!」ってがっかりする感覚に近いです。002.gif

まず、コクピット内部の中身が足りないのと逆に関係ないものがついている。

筋彫りはいわゆる運河彫りでゆるすぎる。

合いも悪くパテだらけ。
f0021855_1144431.jpg

筋彫りはこんな感じ。
f0021855_11453992.jpg

ペダルは、穴あけして雰囲気を出す。
f0021855_11464354.jpg

全身パテだらけ、なにしろ不必要なパネルラインも消さなくては。
f0021855_11481399.jpg


運河を干拓して新たに用水路を設置します。

f0021855_11494310.jpg

エンジンもプラ棒と真鍮センでディールアップ。

f0021855_1151126.jpg


機銃は、ただの棒なのでピンバイスで開口して周囲のガス抜きの穴もひたすら開ける。

一番の見せ場の枠の多い風防は高翼機のため最後に組みあわせなければならないので非常に心配です。

そんなわけで少し製作に疲れたので以前スケビに載っていた作例でBf-110の雪の中をサーチライトを浴びながら整備しているダイオラマがあり是非製作したくて作ってみました。
LEDでライトと焚き火を点灯させたのですが撮影時に玉切れを起こして点かなくなりがっかりです。002.gif
f0021855_12523100.jpg

by vip-bros | 2009-06-30 12:07 | 飛行機プラモ