<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国見てきました!

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国見ましたよ。003.gif

今回も面白かったですね!

ハリソンフォードは、まだまだ元気で安心しました。

レイダースからリアルタイムで見てきた自分としては、色々な所にちりばめられた過去の作品の洒落が出てきて特に面白かったです。

これから見に行く方は是非、最初の「レイダース・失われたアーク」は見ていってください。

じゃないと笑どころを逃してしまうかも061.gif
by vip-bros | 2008-06-29 16:24 | 映画の事

サンダーボルトいまだ、進まず!

前回の投稿のように、アルミテープ貼りは、非常に単調で退屈です。015.gif

そんな訳で進みません。その間にも欲しいキットは、いくつも発売になり。在庫ばかり増えてしまいました。025.gif

それと製作が遅れる理由のもう一点は、スポーツジムに行く頻度が増えた事もあります。

運動も一種の中毒で、している時は苦痛なのですが終わった後の爽快感が忘れられず、また行ってしまいます。070.gif

スポーツクラブの常連は、あきらかにジャンキーそのもので鬼気迫る勢いでやってます。066.gif

自分もあくまでもエンデューロのための体力維持という信念を曲げずに続けたいとこです。
by vip-bros | 2008-06-29 16:14 | 飛行機プラモ

本物に勝る質感なし!

今回製作中の機体は、前回同様サンダーボルトです。
といってもレシプロエンジンのWW-Ⅱの機体でリパブリック、サンダーボルトこちらが大本です。
(Wikipedia)によれば

リパブリック P-47 サンダーボルト (Republic P-47 Thunderbolt) は米国リパブリック製のレシプロ単発戦闘機である。

第二次世界大戦当時、P-51と並びアメリカ陸軍航空軍 (USAAF) の主力戦闘機として活躍した。Jug(ジャグ)の愛称でも知られる。空中戦にも強かったが、特に戦闘爆撃機(ヤーボ)として大いに活躍した。アメリカ以外の連合国の空軍でも使用された。

もう少し付け加えれば大戦中に一番生産された機体で、スーパーチャージャー装着のためにこのような大きな機体になりましたが最高速度も速く非常に活躍した機体です。

ただし今まで好きな機体を作ってきたのに対し珍しくあまり好きな機体じゃありません。

今回製作した動機はSA誌にボックスアートで有名な佐竹氏の奥様がレベルの1/32のサンダーボルト。レイザーバックの無塗装銀の表現をなんとアルミ貼りという新たな製作例を見てしまいズギューンときてしまったからです。

いくら薄いといってもアルミはアルミ金属ですので伸縮性には限りがあります。そこでびびった自分はリスクの少ないバブルトップ型にしました。(多分一番ボディがシンプルで凸凹が無いはず。)

アルミ貼りをやりたいのだから、さくさくと素組みすればいいものを結局コクピットと脚柱にはブレーキホース追加という余計なことをやってしまいました。

さていよいよアルミ貼りです。パネル毎に切り出したアルミテープを地道に貼ります。014.gif

結構単調な作業でモチベーションが下がります。015.gif

ただし塗装と違いいつでも好きな時にやめられます。(それが逆に製作ペースを遅らせてるのですが......)

f0021855_12225862.jpg

f0021855_12232230.jpg


今までとまるっきり勝手が違い、まずアルミを貼る。 次に磨く!このときの感じはまるっきりバイクの旧車のアルミ部を磨いてる感じ。そしてモールドをけがいたりして表現して、最後にリベット打ち!という全然工程が逆で戸惑います。
f0021855_12275572.jpg

これがアルミテープ、本当は配管とか台所とかに使います。
f0021855_122857100.jpg

こんな風に一枚一枚貼っていきます。
f0021855_12295081.jpg

貼ったら、磨きます。磨き方によって質感が変わるのが面白い!003.gif

っとまあこんな感じ進みますので今回はいつもより完成に時間がかかると思いますので乞うご期待!(誰も期待してないって!)050.gif
by vip-bros | 2008-06-23 12:36 | 飛行機プラモ

マイケル.ムーアのシッコ見ました。

シッコ見ました。といってもだれかがシッコしてるとこ見たわけじゃないよ。
『ボウリング・フォー・コロンバイン』、『華氏911』で有名な!(ってもレンタル屋さんに行くと結構空きが多いんだけど)マイケルムーアの新作でアメリカの医療制度を題材にした映画です。

ボウリング...の時はコロンバイン高校の銃乱射事件で、華氏911の時は9.11のテロという大きな事件に比べ「医療保険の事か~。」とあまり期待していなかったのが正直な所です

ところがより身近な分考えさせられる部分が多く、アメリカの酷さもさておき英国、フランス、カナダ、の医療制度のすばらしさにびっくりしました!
フランスもイギリスもお医者さんに怪我でも病気でもお産でかかってもタダ005.gif

しかもお産してしばらくの間ベビーシッターならぬ、母親のケアということで国から来た人が洗濯はしてくれるわ、ご飯は作ってくれるわ、もうびっくり!

税金がどの位取られるのかは、詳しくやらなかったので良くわからないが国保がすごい充実してるのは良くわかりました。


過去の映画の場合テロも銃社会も所詮対岸の火事の気分で見てましたが、医療保障の件はまさに今騒がれてるリアルな事です。

映画はあくまでも『アメリカはこんなにひどいよ!』で日本の事は全然出てこなかったけど、結構日本もひどいんじゃない!

これだけの恩恵を受けるには税金がこんだけかかるんだよといってくれれば納得できるけど、税金だけ高くなって医療負担が大きくなるってどういうことよ!?013.gif

でも英国じゃ何故こういうことが出来るか?との質問に、

そうしないとあっという間に政治家は失脚する位、皆が選挙なりで意思を表示してるという事!

「やっぱり何しても変わんないよ~!」じゃないんだね!001.gif
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id327926/

大体こういう映画は、学校で見せるべきだよ。
by vip-bros | 2008-06-02 17:46 | 映画の事