<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

試乗会の結果報告

22,23日の両日に行われた試乗会は、ず~と雨続きの梅雨の中休みという感じで、何とか晴天に恵まれました。二日間で延べ40人ぐらいの試乗がありました。その方たちの大体の意見を書きますので、これから購入を考えてる方は、参考にどうぞ!

ZZR1400
殆どの方が雑誌の過激イメージを持っていて「こんなの怖くて乗れないよ。」「誰が乗るの。こんな怪物。」と躊躇していたのですが、乗り終わると。「すごく乗りやすい」「思ったより軽快」「クラウンみたい」「乗り味が上質」などべた褒めに近い状態でした。
さすがに雑誌もネタ的に最速をアピールしたいのでしょうが、あの傑作ZZR1100の後継機ということで全ての点で上質しかも速い。ロングツーリングや高速走行が多い方、北海道に行こうと考えてる方には最適のバイクだと思います。


ER6n
結構評価が別れました。多分乗る前の思い込みとスタイルによるものだと思います。「スタイルがいい。」「スタイルが嫌い」「カワサキらしくない」「思ったより速い」「思ったより軽快じゃない」
など好き嫌いと、「思ったより」の言葉が多いです。ぶっちゃけ私個人は、今回No1でした。誤解を覚悟で言いますと、ツインにしてはトルク変動も大きくなく安心してシフトダウンしてコーナーに進入でき、コーナリング中は、安定したリーンで曲がれます。ポジションはアップライトなので、街中の操縦は機敏です。
ここまでで、「なるほど!」と思われた方は賢明で、つまりツインのドコドコ感を期待していた方と軽快さを期待していた方は評価が悪くなってしまうのです。この走りがヨーロッパで受けてるように日本でもバイクをもっとスペック抜きにして身近に楽しめるようになればと思える一台でした。
f0021855_18194558.jpg


W400とW650
W650は、発売して結構経ちますので400との比較という意味で読んでください。
はっきりいって試乗は、大型バイクのブームから400に乗りたいという方は少なかったです。
W650は、発売当初からW1のイメージを求めたお客様が多く「静か過ぎる」「振動がなさ過ぎる」という声をいやというほど聞かされました。しかし実際に購入された方は、「昔と違って高速走っても、手がしびれなくて疲れないね。」「最近またバイクが欲しくなったが、排気量がでかすぎたり普通のバイクが無くって。」などと普通のバイクのスタイルと現代の交通事情にあったバイクという位置づけで購入してるようです。W400は、400にしては頑張って鼓動感を演出してると思いますし所有感もあると思います。ある意味この一台で全て満足というバイクだと思います。SR400にしようか?エストレヤにしようか?迷ってる方には是非お勧めです。
但しこのクラスはH社のCB400SFの出来がすごくいいので、通勤、ツーリング何でもこなしてこれ一台というと分が悪いかなと思いました。あくまでもキャッチコピーのスタイル主義を一番に考えてくださればと思います。

その他にも色々ありましたが、最近はお客様の目も肥えてきて、バイク雑誌のインプレより実際乗った方のくちこみを重視する傾向にあるとおもいますので皆さん言わずもがなもう大体は知ってらっしゃると思いますのでこの辺で・・・。
by vip-bros | 2006-07-30 18:51 | イベント

営業2課の看板娘エルちゃんが手術しました。

以前、当店の看板娘エルのトピックスが無く、もしや冷遇されてるのでは?!との疑惑が生じたのでエルさんの近況報告です。小さな病気はあるものの、基本的に非常に丈夫で、皆様に愛されてきたエルさんも今年で8歳になります。人間で言えば40歳ぐらいであろうと思います。この度、この手の大型犬ではよくあることらしいのですが、(脂肪腫)という、いわば脂肪の塊の除去手術をしました。とくに取らなくても問題は無いのですが、悪性の場合もあるらしいので、お年寄りになる前に除去することにしました。
手術は、無事、良性の腫瘍ということで、一泊二日で退院してきました。とはいうものの、包帯などは無いので傷跡も生々しい姿で出勤しております。是非お見舞いに来てあげてください。

f0021855_17141438.jpg

「明日は、手術か・・・痛いのかな~?」の声が聞こえてきそうな、悲しげな後姿です。
f0021855_17143853.jpg

「どお?こんな私でも愛してくださる?」
f0021855_1716858.jpg

  写真嫌いで有名な、当店の影のドン。規子さんとのツーショットです。
by vip-bros | 2006-07-30 17:24

その人なりの作る意義。

今回1/48のF4Fワイルドキャットを作ってみて思った事が「い、意外と小さい!」です。グラマン製鉄所製=でかい!のイメージがあって、「ヘルキャットもスケール間違ってんじゃないの?」と思うくらいでかいし、アベンジャーもすごいでかくて「これぞアメリカ。」という感じでした。そこでてっきりワイルドキャットもあのふとっちょ具合から勝手にでかいものという先入観がありました。隣のP40Nウォーホークもあまり大きい機体ではないのにそれより小さいくらいです。
この発見を機に自分のプラモを作る意義の再確認が出来ました
世の中に飛行機プラモファンはたくさんいて
 徹底的に実物に近づけるように作りこみする方。
 作らずいっぱいコレクションしてる方。
 素組みで気軽に作る方。
 完成品を買う方。
この話はSA誌の黒須さんのコラムで載っていたのですが結局自分が楽しければOKだという結論でした。
それでいくと自分の楽しみ方は、大きさやデティールなど写真などで判らなかったことが作る事のよって発見できることだとわかりました。Ar234ブリッツなどは「ジェット爆撃機なのにこんなに小さいの?」だったし。
 最近専門誌の見すぎで、リベット打ったりキャノピー絞りにチャレンジしたりして少し閉塞感を感じていたのでもう一度初心に戻り、好きな機体をバンバン作り倒すぞ~!
f0021855_17415425.jpg

 それにしても今はいい時代で、マイナーな機体も出てるし。値段も子供の頃のとてつもなく高価な感じもしないし(単純に大人になったからか!?)手軽に楽しめる趣味ですね。
by vip-bros | 2006-07-14 17:53 | 飛行機プラモ

7月23日といえば!ZZR1400の試乗も出来る日だった。

7月23日といえば第二回いわき踊りの練習日もそうですが、22,23日カワサキ06モデルの試乗会の日でもあります。ZZR1400,06ZX10R、Er6n、W400その他色々のマシンが試乗できますので是非来るべし。
f0021855_20181242.jpg

by vip-bros | 2006-07-11 20:18

第一回いわき踊り練習会。

7月9日に、第一回いわき踊りの練習会を行いました。霧雨の降るなかでしたが予想以上に盛り上がりました。最初は正直いって、皆恥ずかしがってなかなかうまく進行しないのではと思いましたが振り付けをしてくれた二人が元スポーツジムのインストラクターということもあって教えるのが上手。皆真剣にやって次の日は筋肉痛という有様でした。しかも今回女性参加者が多くなお一層の盛り上がりが期待できますのでどうしようか躊躇している方は是非第二回目の練習会23日に見に来てください。
f0021855_19562338.jpg

まちがっても死霊の盆踊りじゃないよ!」
by vip-bros | 2006-07-11 19:58

顔出しNGじゃなかったのね!?

Dr松本様の走行シーンは、残念ながら一本先に終了したのでありませんでした。
走行の合間のツーショットがありますのでそちらをアップします。てっきり顔だしNGかと思いまして(笑)極力アップしないようにしてきましたがこれからは、数々の名転倒シーンをバッチリ公開しますのでよろしく。
f0021855_19175018.jpg

by vip-bros | 2006-07-11 19:18 | ロード走行会

KSRは、ノーマルでも面白い!

6月29日にもてぎの北コースへKSRのワンメークレース直前練習会に行ってきました。梅雨の時期にもかかわらず天候は晴れ。暑い一日で走りの方も熱い一日となりました。
チーム早川語録チーム成田食堂&私の所属するチーム風族(ふうぞく)の三台で練習する予定がナント偶然にもDr松本も抜け駆けでNSF100を一人で持ってきてばったり会ってしまいました。こうなれば練習もなんのその、当然醜い争いが起こるのは必至で、Drは三上君の毒牙にかかり二回も転倒を喫してしまいましたチームふうぞくのマシンはクラッチをつけただけのノーマルで大差がつくだろうと予想されましたが、意外にも失速させないように走ると速くて面白いです。アクセルワークやらシフトチェンジをあまり考えずにひたすらライディングフォームとブレーキングに集中でき、昔50ccで全開全開を繰り返していた頃の感覚で懐かしいです。これはリッターバイクでストレスを溜め込んでる方にはお勧めですね。
f0021855_17213880.jpg

真ん中のお弁当は、某服部料理評論家のところで助手をしていたという黒宮さんの奥様の手料理です。
f0021855_172435100.jpg

皆さんからだの厚みがきになるシルエットですね。写真は睦君と私。
f0021855_17262713.jpg

今まさに三上君をロックオンした小野選手。、、、実は抜かれたところ、とほほ、、、
by vip-bros | 2006-07-08 17:28 | ロード走行会