今回は、現用機のA-10を作ってみました。

A-10は、WW-Ⅱで最大の生産量を誇った傑作機P-47サンダーボルトリパブリック社が後にフェアチャイルド社に変わってからの機体です。
ですから、通称名はサンダーボルトⅡできっとあの栄光をもう一度!という願いもあったんですかね。
同じ名前をWW-Ⅱから引き継いでるのは他にもあって、コルセアⅡとかファントムⅡあります。もっともファントムの場合最初のファントムがどんなのかわかる人はよっぽどのマニアかと思いますが....001.gif
今回は、「結構メジャー機なんじゃないの。」といわれるのを読んで、一機しか作られなかった複座型にしました。
こんなマイナー機を出してるメーカーがあるんですね017.gif中国のホビーボスです。
前回の投稿にあるように非常に出来がいいです。特に有名な機体の割りにキットに恵まれてなくて、モノグラム、タミヤの非常に古典キット。とイタレリの最近のキットぐらいしかありません。
その中では一番の作りじゃないでしょうか。
しかも30mmガトリング砲アベンジャーまで付属してます。
今回写真がなくなちゃったのですが、中国製キットは中国4000年の離型剤がたっぷりついて
ますので、それを落とすところからはじめます。
一緒にお風呂に入ってやればいいのいいのでしょうが、外れたパーツが排水溝から流れたら悲しいので、洗剤と洗面器に入れて一晩置きます。
(結局それでも取り切れなくて塗装をはじいてしまいました。)

本来一機のみの生産ですので、退色も汚れもないのが正しいのですが、あくまでも運行されていたらのフィクションで、退色と汚れ、タッチアップの表現をしました。
しかもウエポン類も装備しないで増槽のみなのもウエポン製作が大嫌いな自分にとって「これはいいぞ!」と思ったのですが完成したらやっぱり寂しくて満載してしまいました。こちらも勿論フィクションです。

f0021855_14243992.jpg

f0021855_1425262.jpg

前から見るとやっぱりあだな通り「いぼいのしし」
f0021855_14294542.jpg

この写真でびっくりするのがMe163もガトリング砲と同じ1/48ということ。
あまりの大きさにびっくり!でもリアルに考えるとイラクで30mmの劣化ウラン弾を散々ぶっぱなした殺戮の兵器と思うとうすら恐ろしくなりますね。039.gif
by vip-bros | 2008-05-18 14:43 | 飛行機プラモ
<< マイケル.ムーアのシッコ見ました。 組み立て説明書あれこれ!PART2 >>