ご機嫌、最高モノグラムのHe-111製作の前に箸休めでブラックバード

製作中のモデルが完成するとクローゼットに入って製作待ちの大量のキットの山を見上げる。

昔あこがれていた模型店が自宅の中にあるようで一番ワクワクする瞬間です。110.png113.png111.png

次に何を作ろうかと考えて箱を開けては、閉じての繰り返しですが、一度製作にかかれば最低でも3ヶ月はかかってしまいますので「このキットを作れば、あのキットが作れない!!」状況が出来てしまいます。

そこで今回白羽の矢が立ったのが「ご機嫌。最高。モノグラム」のコピーで一世を風靡した、今は無きモノグラムの絶版He-111です。

なのですがこれも古いキットなので苦労することを見越して、ちょっと箸休め的にハセガワの1/72 SR-71ブラックバードを作ることとしました。102.png

本来ならばバイク屋的にはCBR1000XXのブラックバードなんでしょうが、造形的なエグさではSR-71にかないません。

このキットも非常に古く、凸モールドです。再販モデルなので限定版のビーバーテールの「ビッグテール」しか購入できませんでした。

箱を開けたら、あらびっくりの黒いうちわみたいなのが2枚と小物のランナーだけで、みるからにあっさりと作れそうです。

機内は、ほとんど見えないのでディティールアップもせずに素組みでいくと、なんと3日で形になってしまいました。

しかも嬉しいことに期待は左右でなく、上下分割なのでほとんどパーテーションラインが出ません。

ブラックバードは高高度をマッハ3で飛ぶ機体ですので特殊な塗装と汚れがあるのでその再現に時間を割くことにしました。

イメージはこの画像です。


f0021855_17585224.jpg
結構、汚いですね~!105.png

f0021855_18015909.jpg
こんな感じで如何でしょう?

f0021855_18013402.jpg

f0021855_18034343.jpg
f0021855_18024353.jpg
う~ん!?120.png画像が回転してくれないぞ!!

まあ!そんな感じで正味一月で完成しました。

お次はしつこいようだけど「ご機嫌。最高。モノグラム。」です。

by vip-bros | 2018-09-18 18:16 | 飛行機プラモ
<< 久々に面白い映画に出会いました! 徳川家康26巻読破 >>