飛行艇にはまりそうです。

艦船模型はほとんど興味が無くスルーしてきたのですが、最近、長谷川より二式大艇が完全新金型でリニューアルしたのを受けて模型雑誌も飛行艇の特集が増えてきました。
前回製作した、グラマン ダックも製作中は、喫水線の下側の微妙な形状にモチベーションが上がったのでその勢いのまま製作してしまいました。102.png
f0021855_18514309.jpg
製作するのは当然!?1蛇の目の英国機。1/72のショートサンダーランドです。まさに陸に上がった鯨のようなスタイルが魅力的です。


f0021855_18525049.jpg



SA誌に製作記が載っていて喫水線の下の外板の凹みや塗装はがれの表現などが非常に製作意欲をそそられたのでチャレンジしてみました。最近流行のシリコンバリヤーを塗布してから爪楊枝などではがすという技法です。途中でこれはなかなかいいワイと悦に入っていたら、とんでもない落とし穴が!103.png墨入れをしてからふき取っていたら、せっかく喫水線をマスキングして入れた、艦船にありがちな汚れまで落ちてしまいました。またマスキングしてスプレーして、その後に悲劇が起こります143.png。マスキングを剥がすと当然のごとく、シリコンバリヤーの上に乗ったホワイトまでペリペリと剥がれてくるではありませんか!そんなわけで非常に盛大にウエザリングした機体になってしまいました。それでも、自分のモットーの生きてる間は大量に作り倒すというのがありますので、めげてもとりあえずやり直すでもなく完成させました。でも欲を言えばこのようなとてもカッコいい!?機体はもう一度作ってみたいところですね!

f0021855_18552396.jpg
f0021855_18551300.jpg
f0021855_18550334.jpg
f0021855_18531612.jpg
f0021855_18530866.jpg
f0021855_18525943.jpg


by vip-bros | 2018-03-04 14:53 | 飛行機プラモ
<< 良くも悪くも心に残る映画 映画はヒロインに尽きるという考... >>